【着物買取をしてもらう時に注意すること】

以前は冠婚葬祭やお祝い事などは勿論、普段の生活でも着る機会が多かった着物。でも、現在では生活様式の変化等で着物を着る機会は非常に少なくなってしまいました。でも、自分は着なくても、祖父母などから受け継いだり成人式の時に作ったりした着物が残っていることがあります。 残念なことに、着物は着る人が減って需要がなくなっていることから高額で買取されにくくなっています。でも、どうせ手放すなら、高く買取して貰う方が気分的にも良いのではないでしょうか。 まず、あまりお勧めできないのに総合リサイクルショップ等何でも買い取る所が挙げられます。総合というだけに広い範囲の物を扱っているので、専門知識を持っている店員がまずいません。また、この様な店は見かけの綺麗さや新しさで判断するので、価値がある着物でも古ければ非常に低い査定になります。 やはり、専門知識を持っている業者に持ち込むのが一番です。専門の業者なら、昔の生地で作られた着物や作家もの等の価値もきちんと鑑定してくれます。着物の査定にも、実店舗かネットでの査定があります。 でも、ネットでの買取の方が査定額が高くなる傾向にあります。ネットの方が店舗や人件費等の費用が少なくて済むからです。なお、ネットでの買取も業者によって得意分野が違うので、査定額に差が出ます。ホームページや口コミ等を調べて、業者がどの着物を欲しがっているのかを見てみると良いでしょう。

着物ジャック